可愛い女になる!大学生ファッション

MENU

カジュアル服に「フェミニン」テイストをプラスすると可愛くなる

 

キャンパスライプにもようやく慣れてきて、これからいろんなことに挑戦していきたい気分ですね。

 

そこで気になるのが、大学生らしいファッション。なんか可愛い、周りとちょっと違うオシャレな服装がしたいと思いませんか。

 

カジュアルでフェミニンな、周りと差がつくコーデを研究します。

 

トップスをカジュアル、ボトムスをフェミニンにするコーデ

トップスは、カジュアルでシンプルにきまりやすいアイテムを選ぶようにします。Tシャツやチェックシャツ、ブルゾンなどで、ベーシックカラーを中心にします。ボトムには、ゆるめでこなれ感のでるワイドパンツやロングスカートをはきます。

 

旬なカーキのスカジャンに、ネイビーのレースガウチョで甘さをほんのりプラスします。インナーは、上下とバランスのいいホワイト系にします。バックも白にして統一感をもたせます。

 

ハンサムなストライプシャツに、水色のシフォンスカートもさわやかです。メンズっぽいストライプシャツに、淡いブルーのスカーチョを合わせて、小物は黒で引き締めます。

 

濃い色のチェックシャツに、白のプリーツスカートの組み合わせは、白ボトムの印象をクリアにします。清楚な白にはダークカラーとの相性がいいです。

 

トップスをフェミニン、ボトムスをカジュアルにするコーデ

ふんわり素材やレースなど、顔のまわりが明るくなる甘めなトップスを軸にして、ボトムでカジュアルダウンさせます。デニムならきれいめなデザインがおすすめです。

 

総レース素材のブラウスに、ボーイズデニムを合わせて、トップスの甘さを中和させます。
フューシャピンクのバックなど、鮮やかカラーの小物でアクセントをつけます。

 

花柄のオフショルダートップスに、ワイドデニムの組み合わせ。女の子らしい花柄オフショルに、デニムの甘辛ミックスで70年代風の着こなしになります。裾は切りっぱなしデニムで、ボヘミアンテイストを盛ります。

 

きれい色ニットに、白のデニムスカートのコーデ。細見えするリブニットに、ホワイトデニムのスカートを合わせます。女らしさが際立つトップスには、カジュアルなデニムが似合います。

 

大学生活のイベント別夏コーデ

大学の新生活が始まって、春から夏にかけては、イベントの大ラッシュ!

 

基本的に、毎回同じような服装をしていくよりも、イベントによって、雰囲気を変えた方が「あれっ、この子、なんか可愛いな」って思われる可能性が高くなります。

 

そこで、ここでは、イベント毎のコーデの正解パターンをまとめてみました。

 

ボウリングイベントの正解コーデ

 

ボトムスは、パンツか膝丈のスカートで、アウターは脱いで遊ぶことが多いので、脱いだ状態で、ちゃんとコーディネートされているように考えておきます。

 

長過ぎるマキシスカートや、逆に短すぎるミニスカートはNGです。

 

自宅パーティーの正解コーデ

 

家の中なので、10代後半〜20代前半のレディース夏ファッションで人気の「さりげない肌見せ」もやりやすいシチュエーションです。

 

さりげないデコルテ見せが出来ると、男子の視線を独り占めすることが出来ます。

 

定番ならVネックのサマーニット、攻めるなら、肌出しの具合が調節できる折り返しタイプのオフショルダーニットトップスなどがおすすめです。

 

基本的に、座ることが多いので、タイトスカートやシワがよると困るようなボトムはNGです。

 

夏合宿の正解コーデ

 

夏合宿の場合は、おしゃれ度を多少落としても、気温変化に対応できる着まわし力の高いアイテムを優先的に持って行きましょう。

 

合宿中に体調を崩してしまうと、最悪な印象になってしまいます。

 

記念に写真を撮ることも多いので、地味めな色は避け、無地の明るい色の方がおすすめです。

 

ハットをかぶる、ニットを肩掛けする…など、旅行っぽい雰囲気を取り入れると、いつもと違った印象を与えることが出来ます。